パティシエを目指す

調理器具

知識と技術も同時に学習

調理師やパティシエを目指す場合に専門学校に入学するのが一般的でしたが、最近は中学を卒業して専門高校に行くケースも増えています。ここでは製菓の知識と技術を学ぶと同時に高校の勉強も学べます。同じ目標を目指す仲間と専門教科と普通教科を学びながらお互い励まし合い、スキルが磨かれて行くのです。卒業時には調理師と高校卒業資格が取れますし、授業では製菓だけではなく介護食士も取得が目指せます。本来なら別々の学校に通わないと取得できない資格ですが3年間で取得ができるのです。普通教科と専門教科ではそれぞれ専門の講師が授業を行います。専門教科では調理の基本を徹底的に学び、和洋中の幅広い分野で活躍ができる応用力を身につけられます。製菓の授業では豊富な実習とマンツーマン指導が特徴です。3年次には応用技術と実践力をもとに調理師の心構えを学びます。また高校生として社会に出るためのマナーやコミュニケーションも日々の授業を通じて学べますから普通の高校生と変わらぬ環境で成長ができます。また製菓を通して相手を理解し、自分の考えを伝える力が養えます。卒業時には資格だけではない本当のプロに求められる実践力が身につき、基本ができているので分野を問わず活躍の場が選べます。またさらなる経験を積むために大学や短大など自己啓発のために進む生徒も多いのです。専門高校で培った経験と実績は社会だけではなく、大学や短大に行っても十分通用する力になっているのです。

Copyright© 2018 製菓高校で色々学べる【専門知識のレクチャー】 All Rights Reserved.