4年間学ぶことが基本

男女

国家資格で就職に強い

社会福祉士になるための最短コースは、社会福祉士の資格取得を目指せる4年制の専門学校か4年制大学を卒業するのが主流です。社会福祉士の仕事は、病気や障害、低所得などによって生活に問題を抱える人の相談を受けて問題解決を図っていくことです。専門知識を駆使してアドバイスや指導を行い、時には福祉サービス関係者や医療サービス関係者と連携を取ります。働く場所は多岐にわたりますが、代表的なところは福祉事務所や児童相談所及び地域包括支援センター、児童家庭支援センターなどです。就職先の種類が豊富なので、近年人気が高まっている職業です。社会福祉士は国家資格という強みがありますし、高齢化なども考慮すると、今後も活躍の場が広がるのではないかと予想できます。また、独立して社会福祉事務所を開業することも可能ですから、高い将来性も持っています。新潟には福祉系の専門学校が数ヶ所あり、新潟市に集中しています。また、大学も同様です。主に人間らしく生きることについてや、人間らしく生きるために必要な環境や制度は何かなどを考える社会福祉学を基本に学んでいきます。新潟の大学では福祉への理解を深めるべく、人間の幸せとは何かなど、より深いところを追求していくのが特徴です。一方、新潟の専門学校は、大学よりも実践的な実習が多い傾向にあります。多くの専門学校は施設と密接な関係が結べているので、施設の声がカリキュラムに反映しやすいです。そのため、即戦力を付けるには専門学校の方が優位です。

Copyright© 2018 製菓高校で色々学べる【専門知識のレクチャー】 All Rights Reserved.